【Amazon.co.jp限定】 コクヨ シュレッダー マイクロカット ホワイト AMS-MC20W

多分型番はAMS-MC20で、末のアルファ ベットはカラーかな?

今までは[ナカバヤシ NSE-T05G]を使用していた。
非常にコスパが良く、非常に活躍してくれていた。
ちなみに、[ナカバヤシ NSE-T05G]の記事は
↓コレ

家庭用シュレッダーを購入した。

いつものように2週間ほど溜め込んだ書類をバリバリやってると、、、

「ガッコン!!!!」

「ふぁーーーーーーー!!!!!!!」

あら~、、、

空回りしとる、、、、、

威勢の良い騒音はそのままだが全く裁断してくれん。

まぁ、長い間使ってたからね~、しかもかなり無茶させたから。

基本、シュレッダー予定の書類は溜め込んでいて、溜まったら纏めてバリバリやってた。

その為、面倒になると一度に大量に長時間かけてバリバリー。

A4を一枚ずつ、、、なんて事はせずに纏めてバリバリー。

「ふぁーーーーーーー!!!!!!!」

やっぱうるせーな。

一応分解してみて部品が外れただけなら、、、

駆動部分が根元でぽっきりと割れてました、、、、、

取り敢えず代わりは購入せんと、、、

また同じものもな~、なんて考えててもこいつ良かったんだよな。

不満もあるにはあったがコスパはほんとに良かった。

けどシュレッダーってやはり壊れた→直ぐに代替品を準備だ!!!ってあんまりならず、
ずるずると購入を先延ばしに。

シュレッダーっていまの時代必須であるとも思えるが、やっぱり中々購入する気にならんな。

しかーし!あまりにも郵便物が溜まりすぎたのでようやく重い腰を上げる。

で、今回購入したのはコレ!
【Amazon.co.jp限定】 コクヨ シュレッダー マイクロカット ホワイト AMS-MC20Wである。

価格は[ナカバヤシ NSE-T05G]の倍ほどするが、丁度Amazonのポイントカードもあったのでちょいと奮発。

では今回購入した[コクヨ AMS-MC20]と以前まで使用していた[ナカバヤシ NSE-T05G]の違いを。

一番の違いは、[ナカバヤシ NSE-T05G]は電源を入れると動きっぱなしである。

電源入れると電源を切るまで「ふぁーーーーーーー!!!!!!!」

裁断する紙を入れてる間も入れてない間も「ふぁーーーーーーー!!!!!!!」

当時は子供も小さく、シュレッダーを使用しない時はタンスに片付けると言ったスタンスだった。
特に[ナカバヤシ NSE-T05G]は電源スイッチが非常に心許ない作りになっていた為。

しかし、子供も大きくなったため、そこまで気を使わなくても良くなってきた。

そして、毎回出して片付けるの手間かかる。

その点、今回購入の[コクヨ AMS-MC20]は、電源を入れて紙を裁断するときに初めて動き出す。

裁断が完了すれば止まる。

まぁ、よく職場にあるシュレッダーである。

この機能が一番の違い。

その他、[コクヨ AMS-MC20]が[ナカバヤシ NSE-T05G]との違い等を述べる。

・裁断後の紙の細かさ

若干[ナカバヤシ NSE-T05G]の方が若干細かいが、殆ど気にならない違いである。

かなり細かく全然許容範囲。

・騒音

断然[コクヨ AMS-MC20]の方が静かである。

・対応裁断サイズ

殆ど同じである。[コクヨ AMS-MC20]もA4サイズは半分に折って入れる。

横折りは写真のように入らない。縦に折る必要がある。

・見た目

[コクヨ AMS-MC20]の方が良い。

悪いが[ナカバヤシ NSE-T05G]はおもちゃっぽい。

 

 

 

と、言った感じで殆ど[コクヨ AMS-MC20]は[ナカバヤシ NSE-T05G]の上位互換と言っても良いぐらいである。

あ、けどその分購入費用は倍ほどかかります。

ちなみに、[コクヨ AMS-MC20]にしてからは本棚の本立て代わりもなってもらっている。

それぐらい自然に溶け込む。

あとは以前まで裁断用資料は溜め込んで一気にバリバリーだったが今は都度バリバリー。

ダイレクトメール等も手に取った瞬間にバリバリー。

一応蓋も着いてる。

蓋を閉めたところ。

コレでネクタイなどの吸い込みも防げる。

と、まぁこんな感じでスモールオフィスで使われているシュレッダーさらにコンパクトにしました!!!
って感じである。

[ナカバヤシ NSE-T05G]も良かったけどね。
価格分の性能差がきれいに出ている感じでどちらも良い製品です。

購入当初は高く感じたが、現在は大満足している私でした。

以上

Twitterフォロー

twitterはじめました。よければフォロー待ってます

スポンサーリンク
広告大
広告大
スポンサーリンク
広告大