ipad、Cellular版買って良かった。

以前にipad購入の記事を書いたが。

ipadを購入した。
と言っても2018年2月に購入したので、現在は一つ前の機種になる。 店員はipad5とか言ってたな。ipad2017版とでも言うべきか。 ...

やはりセルラー版で良かった。

私は以前にNexus7(2012年版)を所持していた。当然Wi-Fi版。

とにかく、以前にWi-Fi版のタブレットを所持していたのである。

その時との比較になるが、当然Nexus7(2012年版)とipad(2017年版)とは操作感、画面サイズ、OSの違いもあり、世代も違う。

ハッキリとipadの圧勝である。

今回伝えたいのは話にならないスペックの比較ではなく、Wi-Fi専用のタブレットと携帯キャリア回線を積んだタブレットの使い勝手の差を述べる。

基本当たり前の事ばかりであるが、Cellular版の購入で迷っている方は参考に。

①外出先でも通信可能。

当たり前。

しかし、重要な事である。

せっかくCellular版を購入したのだから持ち運ばないと損した感じなので鞄には常に入れて持ち歩いている。

ちなみにNexus7も購入当初は持ち運びをしていたが、ハッキリ言って全く活用はされなかった。

正直、ipadも出掛けた際に毎回取り出す事は無いが、Nexus7と比べると非常に多くの機会で活用している。

やはり、外出先で単体で通信が出来ないと言うことは鞄から取り出すのに大きな壁である。

当時からテザリング対応のスマホを持っていたがやはり面倒。

本当にスマホの僅かな操作でテザリング出来るのだが、やはりこの僅かな行動は今になって考えると非常に大きな壁であった。

②スマホのバッテリーを温存。

これが意外とipadを利用して気付いた。

当然テザリングを行うとスマホのバッテリーも消費してしまう。

スマホのバッテリーが少ないときにテザリングは心情的に使いにくい。

その点、Cellular版のタブレットを持っているとスマホのバッテリーが心許ない時、スマホを温存出来る。

公共交通機関を長時間利用している場合等は非常に心強い。

ipadを購入してからはモバイルバッテリーの使用頻度はかなり下がった。

③スマホの代用品として使える。

これも当たり前の事だが、スマホで出来ることは殆どタブレットで出来てしまう。

基本電話以外は全てipadでも可能。

(アプリで通話も出来るが今回は加味しません)

これがWi-Fi版であった場合、外出中は一気にスマホの代用品として出来ることは制限されてしまう。

Cellular版はスマホの代用品として殆どの事が出来てしまう。

と、まぁ3つ程述べたが、全体を通して言えることはスマホの代用品になると言うこと。

とは言え、やはり満員電車なんかはスマホの方がぱっと取り出せて便利だ。

やっぱりipadデカイからw

また、外出先でipadで通話すんのかって話だが当然そんな機会は殆ど無いだろう。

しかし、その中途半端さが逆に良かったりする。

スマホほど存在を主張せず(大きさはめっちゃ主張しやがるが)、とは言えスマホで出来ることは殆どが出来てしまう。

スマホ忘れたーとか充電忘れたーってなると不安になるが、ipad忘れても、しゃーねーなー、別にいいか。みたいになったり。

忘れてもダメージ小さめ、ちゃんと持ってると安心感多めと言うなんとも不思議な存在である。

この感覚がWi-Fi版のNexus7を使用していた時には全く感じられなかった事である。

と、まぁメリットばっかりではあるが、避けては通れない、と言うかWi-FiかCellularか迷ってる方の悩みはこれだ。

お金!!!!!

Wi-Fi版とCellular版で一番の違いは端末の価格と月額料金が発生するか。

ipadもWi-Fi、Cellularで細かな違い、GPS搭載だとか重さが僅かに違いはあるが、基本お金が掛かるという一点であるはず。

至極簡単な事であるが、

お金とCellular版のメリットを比べてどう感じるかである。

私の場合はauの携帯を所持しており、スマホ料金のプラス月額通信費1082円で所有出来る。

また、端末価格はWi-Fi版よりも安かった。

その為、お金とCellular版のメリットを比べた際に「お金」の部分が極めて小さかったと言うこともある。

実際に金額は、

・本体代

Wi-Fi版・・・37800円

au、Cellular版・・・ポイント等を加味して約15000円

※Cellular版は初回登録費をポイントで還元等があり、他にもauポイントやお店のポイントなどを使用して実際はもっと安かったが、大体これぐらいであった。記憶曖昧、すんまそん。

・通信費

auのスマホを利用していれば通信容量を分け合う形となり、月額1082円。

Wi-Fi版との端末代の差額で約20ヶ月は利用できる。

但し、36ヶ月契約。

端末は一括で精算しているため解約金払っても元とれると考えてる。

また、私はスマホの通信料20GBプランに契約しているが、毎月少なくとも10GB程は余っている状況であった。

その為、Cellular版でもっとも懸念されるであろうお金の負担が想定よりも非常に小さかった。

格安simも検討していたが、simフリー端末を購入する時点で今回のような条件は引っ張り出せない。

と、まぁ長々と当たり前の事をだらだらと書いており、メリットこれだけ?って感じだが、これは使ってみると本当に有り難さがわかる。

②なんかはテザリング中のスマホにモバイルバッテリーで充電しながらやればいいだろって言われそうだが面倒なのよ。

例えば新快速なんかに乗ってる時にスマホとモバイルバッテリー繋げてテザリング起動とかやってられんのよ。

その点、ipadはさっと鞄から出して使えるのよ。

なんてゆーか全体的に楽。

結局は便利さ手軽さと財布との相談になるが、個人的にはコスパは非常に良い。

これが本体代はともかくとして、以前のように月額5000円とかだったら悩むよ。

けど、端末20000円程安くて月額1082円だったら払います。

結局は便利な分はお金がかかりますって事に話は戻るが、今回のようなケースはお得だと思ってる。

しかも、auはテザリングに金取り出しやがった。

テザリング代払うなら人にもよるがipad持った方がいいんじゃない?

ipadあればテザリングする機会もかなり減るのでは?

不満があるとすればモデル末期に購入したので分かってはいたけどやっぱり新型いいなぁと思ってしまうw

まぁ原稿モデル買ってもペンは買わんよ。たけえよ。

以上。

Twitterフォロー

twitterはじめました。よければフォロー待ってます

スポンサーリンク
広告大
広告大
スポンサーリンク
広告大