無職 一週目

無職である。

最近仕事関係で悩んで寝不足だったためか、意外と早く寝付けた。

ぐっすりと眠れたようで少し寝坊である。

とは言っても予定は無いので寝坊でもないけど。

取り敢えず、悩んでも何も進まないのでハローワークに向かう。

家を出て感じたが何となく周りから見られているような感覚になる。

無職オーラ出てないかな、、、

そんな事を気にしてしまう。

世間体ってやつか、、、

気持ちでは有給とったぜ!と、自己暗示をかけておこう。

ハローワーク到着。

パソコンで検索である。

人が意外といるもんだ。

若い方をみると羨ましくなる。

年配の方を見ると大変そうだなと思う。

私は、、、その間、なんとも中途半端な年齢だ。

早速求人の検索を行う。

てきとーに条件を選択してポチッとな。

うほっ!!!!!!!!

めっちゃヒットする!!!!!!!!

有効求人倍率が高いと言う事はどうやら本当のようだ。

しかし、、、

うーん、、、

うーーーん、、、、、

、、、、、、、、、、

なんか探しにくい、、、、、

もっとフリーワード検索とかねーのかよ!

いや、私が見つけれて無いだけか?

取り敢えず、膨大な求人の中から探していく。

お、良さげ?

大卒のみかよ。

(私高卒)

お、良さげ?

有資格者ですか、、、

お、良さげ?

記載情報怪しすぎる、、、

ふぅ、、、

該当求人300頁から半分程見たが、殆どマッチせん。

とはいえ、こちらも選んでいられる身ではない。

特に今回の退職で私の職歴は4社に昇る。

これやばい。

考えが纏まっていない。

取り敢えず、私には何が出来るのか。

何がやりたいのか。

自問自答をするが答えは出ない。

在職中の転職活動と違う空気感である。

1日目、ハローワークで求人を見ただけであった。

2日目、これはやばいと思って持って帰って来ていた求人表をチェック。

書類選考が厳しそうだ。

私はもう4社も転職を経験している。

絶対に不利な状況である。

条件は当然大事な事ではあるが、自分の中でハードルを下げる。

取り敢えず面接に行かない事には話は進まない。

焦って今回の転職に失敗の二の舞は避けたい。

しかし、冷静に考えると面接に行けない限りは話が進まない。

学歴も資格も無い私は面接でいかにアピール出来るかに掛かっている。

こちらがいくら吟味して応募しても結局最初の決定権は相手にある。

取り敢えずハローワークで5社応募を行った。

結果、面接2件、書類選考が3件。

書類選考は難しいだろうが出さなければ話にならない。

取り敢えず、面接の準備と書類選考を合わせて企業調査、履歴書の準備である。

動かなければ始まらない。

書類選考なんて待っててもダメだった場合ダメージが大きいだけだ。

書類選考は望み薄と考えて動こう。

有難い事に応募自体を断られなかっただけ御の字である。

ちなみに、リクナビネクストに吟味を重ねて応募した結果が本日見送りとの回答があった。

やはり無理だったか。

しかし、上記のように面接が決まっているので精神的にはまだ楽である。

面接が決まってなければかなり落ち込んだであろう。

何にせよ、積極的に応募しよう。

はぐれメタルを通常攻撃のみで倒しにいく位のダメ元な感覚で就活を行おう。

明日は履歴書を5枚作成だ。

なかなかのボリュームだ。

空いた時間にリクナビも確認。ハローワークも確認。

取れる手段は取れるだけ取っていこう。

取り敢えず前を見て。

現実を見て。

以上。


無職 二週目

Twitterフォロー

twitterはじめました。よければフォロー待ってます

スポンサーリンク
広告大
広告大
スポンサーリンク
広告大