日本一の路線バス、八木新宮線に乗ってみた①

八木新宮特急線という【大和八木】~【新宮】まで運行している路線バスの存在を知ったので乗ってみた。

八木新宮線の詳細はコチラ

停留所は166、走行距離166.9㎞を約6時間40分程かけて走破する。

走行時間の割には距離がそれほどでもないが、実際にはどんな感じであろうか。

とにかく、日本一の路線バスが関西圏にあるとは思わんかったので乗ってみた。

上下線それぞれに1日三本運行されている。

今回は大和八木駅から乗車してみる。

9時15分に発車する一本目に乗車する為、朝から大和八木へ。

大和八木駅から改札を出て向かって右側、バスのロータリーがあり、奈良交通社の販売窓口がある。

切符はここで購入。

出迎えはせんとくん。

おぅ、やっぱキモいな。

話はそれるが、このようなイメージキャラクターを決定する会議はどのような雰囲気だったのだろう。

誰が推したのか?年配の方はどう思ったのか?責任者の心境は?

私が責任者であればとてもじゃないがよっぽど強く押されるか、デザイナー料がめちゃめちゃ高くてもう後戻り出来ないとか理由が無ければ承認する勇気は無い。

このキャラクターを選んだ空気感は是非味わってみたい。

話を戻して切符購入。

窓口の方に八木新宮線と伝えたら行き先を教えていないのに「新宮までは5250円ですぅ(ニッコリ)」。

いや、間違いないですが、、、

やはり私のような乗客が多いのだろう。

合わせて時刻表を頂いた。

何も伝えなくても貰えた。

トイレは無いが、休憩時間がある事などの説明を受けた。

そう、これは路線バスなのだ。

トイレなぞあるわけない。

前もってわかっていたので大和八木駅で済ませておいた。

で、バスはどこに来るのだろう?

販売所から出るとすぐにわかった。

でかでかと掲示されている。

このバスは多分関西空港に行くバスなのでこれとは違う。

もう発車まで時間はあまり無いが何となくさっきも行ったはずのトイレを探していた。
結局見つからず。やっぱりしばらく行けないのはちょい怖いよ。

ウロウロしてるといつの間にかバスが来ていた。

発射ギリギリだったのでこれしか撮れなかった。

人がかなり並んでいたが、この八木新宮線で並んでいたわけではなかったようで、乗り込むと乗客が私を含めて5人程、平日の為か、普通?の乗客のっぽい。私のような物好きな同業者はいないようだ。

切符は購入しているがなんとなく整理券も取ってみる。

うーん、特別感ないな。

休日はわからんが、とにかくゆっくり座れるので良かった。

とはいえ、これは路線バスである、

シートピッチは狭く、リクライニングなんて当然ありません。

何故かドリンクホルダーはある。

とにかく、これで6時間はなかなかだ、、、

乗客は入れ替わり立ち替わりで数名程が入れ替わった。

とは言え、最大で五人程である。

一時間程で五条バスセンターへ到着。

結局、大和八木からの乗客は私だけであった。

五条バスセンターで約10分の休憩である。

到着が若干遅れたようで、休憩は数分延長するようだ。

目の前はイオン。

買い出しやトイレは問題なく可能である。

屋根が停留所から続いているため雨でも濡れずにいける。

道路の向かいにはすき屋。

気合い入れれば食べれる?

迷惑かけるのでやめとこう。

少し歩くとセブンイレブンもある。

バス停から徒歩一分。

灰皿もバス停にあります。

自販機もバス停にある。

やっととれたバス正面。

さぁここまでで約6分の1。

まだまだ続くな。

続き

Twitterフォロー

twitterはじめました。よければフォロー待ってます

スポンサーリンク
広告大
広告大
スポンサーリンク
広告大