プルームテックプラスのケースに。プルームタブポーチ・M

無印プルームテックは出番が少ない事もあって、ポッケにそのまま入れてた私。

カプセルは鞄に入れてたが交換頻度がそれほど多くないのであまり気にならなかった。

プラスは使用頻度が多い為、ケース無しで本体とカプセルをポッケに入れていたが、流石にかさばる。

と、言うことでケースを考える。

特に、マイルドブレンド、ローストブレンドそれぞれ気分で吸い分ける為に本体を2本購入したのもあって、

ケースはなんとかせんといかん。

漠然と

○プラス二本

○カプセルとカートリッジ

○充電器とケーブル

これら全部入るものは無いか探し始めた

で、公式でケースを調べてみるが、、、

プラス用は二種類発売されていた。

ソフトケース、ハードケースの二種類。それぞれホワイトとブラックがある。

うーんどっちがいいのか、、、しっかしたっけーな。

カプセルを買いにプルームショップに行った時に実物見るか。

で、実物を見に行った。

ソフトケース、ハードケース共に小さい。

ソフトケース、ハードケース共に本体を二本入れようとすると入ることは入るが、基本一本で使うように作られてる。

本体だけなら二本入るだろうが他の充電器等何かが入らなくなるな。

ちなみに、ハードケースはオンラインショップ共に実店舗も売り切れであった。

けど、やっぱり実店舗は実際の大きさ確認出来るし、プルームテックプラスの本体もあるから実際に入れてみたり使用感が試せた。

(当然店員さんと話ながらね。)

とは言え、パンパンに詰め込んで破れたりしたらえらいことなんでほどほどに。

で、もうケースなんて純正にこだわらなくても筆箱とかでもいいんじゃないかと考え始めていたが、こんな物を見つけた。

プルームタブポーチM

無印プルームテック用のケースであるため、実店舗で見るまで存在自体気付かなかった。

当然オンラインショップで販売してる。

税込2000円。まぁ筆箱で悩むよりも純正の満足感もあるだろうから結局これを購入。

では、レポ。

ケースは大体これぐらいの大きさ。

中はプルームテックのロゴがいい感じである。

中には小さな3つのポケット。

1つは横に伸びており、多分無印プルームテックを入れる為のポケットであろう。

ちなみにプラス入れるとこんな感じ。

パンパンでポケット破れるぞ。

で横の2つのポケット。

充電器とか入れるか。

他にもカートリッジ入れたり出来るかな?

プラスをマウスピース付きで入れれる。

マウスピースは長さがかなりギリギリ。マウスピースなければプラス二本を入れるのは余裕。

カプセルを箱のまま入れてみる。

二つ目。充電器も入れてる。

パンパンで肝心のプラス本体が入らんwww

カプセルを箱から出してみる。

2箱分を入れる。

カートリッジは小さいポケットに入れた。

で、充電器等も。ケーブルは横長のポケットに少し先っぽだけ押し込んでいれた。

いい感じ。

これが現実的な限界か。

まだ何か入れれそうだが、本当にパンパンになるためここでやめた。

想定通り。

まぁ、満足。

結局これだけ入ってた。

これだけ入っても厚みはこんな感じ。

チャックも普通に閉めれる。

因みに、マウスピースがギリギリ。

マウスピース付きは他に何も入ってない状態なら斜めに入れれば簡単に入るが、カプセル入れた後だと斜めに出来んから一気に入りにくくなる。

以上。

Twitterフォロー

twitterはじめました。よければフォロー待ってます

スポンサーリンク
広告大
広告大
スポンサーリンク
広告大