LED電球で節約 その2

前回。
http://murisezusetuyaku.seesaa.net/s/article/424767413.html
取り敢えず、先日一つ電球が切れたのでLED電球を検討してみる。
購入したのはパナソニック製のLEDレフ電球。( LDR6LWは箱捨てちゃった。 )
20150826094310455-thumbnail2

LDR6LWと、 LDR5LWの2つ。これらは明るさが違うようで、 LDR6LWの方いわゆる一般的な60形レフ電球の代替品で、 LDR5LW がそれよりも少し暗いタイプのようである。型番の数字が大きい方が明るいですよって事ですね。
見た目、大きさは同じようだ。
左がLDR6LW、 右がLDR5LW。
20150826094555400-thumbnail2

まず、なぜこれを選んだのか。
LED電球には粗悪な物も多数あり、直ぐに切れてしまうもの(LEDの場合は切れるよりも暗くなる)、
また、人間には一般的に感じない点滅を繰り返したりして体調に影響が出たりする可能性もあるらしい。
コスト面でも今はまだ白熱球よりも遥かに高いLED球を購入するわけだ、万が一2年目や3年目なんかに壊れた場合は今までの節約分が吹っ飛ぶ事も充分想定される。
コスト回収は先になるが長期的な節約を考えて少しお高いが安心(心の平穏とも言う)のパナソニック製を選んだ。
で、2つ購入した訳だが、実際の明るさを確認したいと言うことと、値段に500円程の開きがあったためである。
当然LDR6LWの方が高い。
またレフ電球ってのが高いんだ(T-T)
この500円の開きがなかなか考えものである。
前回にも書いていたが500円を電球の電気代で回収しようと思うと実に大変で、例えば54w電球から10wのLEDに変えると44wの節約になる。
この44wの節約で500円を捻出しようとすると(全国平均の1kWh22円で計算)約520時間使用すると500円節約できるようである。
ちなみに以下サイトを参考に計算を行ってみた。
http://www.denki-keisan.info
で、520時間と言うと捉え方は様々であろうが、1日1時間しか使用しない場合は最低でも520日、一年と約半年かかると言っていいだろう。(因みに LDR5LWの場合、5wしか使用しないので厳密には 470時間ほどで約500円の節約は達成できる。)
捉え方を変えると LDR5LWで明るさが問題なく、使用用途も1日一時間前後の場合はLED電球の導入コストを1年早く回収出来るわけだ。
それの見極めもあり、店頭で見ても明るさは正直分からんので取り敢えず今回は2種類を購入した。
さぁ、お次はどこで使用するのが得策かをじっくり検討してみます。
続き
http://murisezusetuyaku.seesaa.net/s/article/428636053.html

Twitterフォロー

twitterはじめました。よければフォロー待ってます

スポンサーリンク
広告大
広告大
スポンサーリンク
広告大