竹田研究会に行ってみた。

2015年10月20日。
突然だが、
最近様々なメディアで活躍中の竹田恒泰さんによる、以前より行ってみたかった竹田研究会なるものに行ってきた。
20151101210049824-thumbnail2

これ、もらったパンフ。ちなみに会場の写真は撮ってません。
先に断っておくが私は会員でもないし、右だ左だと言う話は全くするつもりはないです。
ただ、参加した感想を述べるだけです。安保法案を始め、様々な情勢が渦巻く昨今。日本と言う国を改めて知ってみようと思ったまで。
とにかく、この会に参加したいがなんとなく迷っている方に参考にしてもらえれば。
話を戻して。
竹田研究会に参加しようと思ったきっかけは、テレビでも竹田さんは結構好意的に見ていた。その後、ニコニコ生放送なるものを知り、何度か視聴していて本当に面白いと思ったからだった。
ニコ生だとテレビと違い、編集が無いため(生放送だから当然だが)じっくりと話が聞ける。テレビで見たときから面白い人だな~と思っていたが、やっぱり番組の都合上、時間、編集が入るため断片的にしか話が聞けない。それらの制約がかなり緩和される生放送はとても面白かった。
(テレビを否定している訳ではないです。テレビ番組を作成するのであれば時間の制限や編集は当然必要だから。)その際、竹田研究会なるものを知った訳である。
この竹田研究会は数ヵ月毎に行っているようだが、なかなか仕事の段取りも組めず、行ってみたいなーと思いながらもズルズル行けない日々が続いていた。
しかし、このままでは何時まで経っても行けない(行かないとも言う)気がしたので仕事の調整を行い上司に無理を言って一時間早く退社させてもらう事にしていた。
で、会場へ向かう道中スマホで申込みを行いなんとかギリギリセーフ!!
開始5分前と言うこともあり、なかなかの人だかり。
参加費2000円を支払い、会場内へ。
結構人いるな。全体で250人以上、300人ぐらいの収容スペースかな。座席がずらっと並ぶ。
前の方は殆ど、全体では3分の2以上は埋まっている。初めてだし、少し緊張しながら空いている席に座る。
程なくして隣も埋まる。
年齢層は以外と高い?けど若い学生のような方もチラホラ。
50代以上が3割、3.40代が4割。20代が3割と言ったところか。
以外と若い子が多いなと思いながらも年配の方も以外と来るのねと感じた。(3.40代が6割ぐらいと想像していた)
また、男女比率は男性7割、女性3割ってころかな?
(これらの数は後ろの方に座っていた私個人の超適当な統計です。最近新聞でもよく聞く主催者発表とも酷似しています。つまり、いい加減)
ちなみに「竹田研究会」で検索すると、予告キーワードで「服装」とか出るけど普通の格好で良さそうだ。
スーツの人も結構いるけど、わざわざスーツを着て来られたのではなく、仕事帰りの方が多いのではないかなと思う。
なんにせよ、普通の服装で全く問題なさそうだ。
さぁ、いよいよ開始時間が迫ってきた。
取り敢えず携帯オフ。
何か初めてなので緊張してきた。
定刻、最初の10分ぐらいは司会の方の簡単な挨拶から始まった。
(ごめんなさい、あんまり聞いていませんでした。)
その後、国歌斉唱を行う。
(竹田さんはまで出てない。)
また話がそれるのだが、、、
これが個人的に大事件であった。
圧倒される。
国歌斉唱は何度か体験したが、殆どが演奏が流れるだけで、あんまりハッキリとまわりが歌う声は聞き取れないものだが、今回はハッキリと聞き取れる。
予想はしていたがやっぱりこのような会に集まる方々は国歌もきちんと歌える方が多いのだなと思った。
ハイ、叩かれるの承知で正直に言います。
歌えません。
歌詞はっきり覚えていません。
はい。申し訳ございません。
そして、圧倒されたことに加えて少し違和感を覚える。
何かに勧誘されているような、正直に言うと、今回の会が一気に宗教っぽく感じたのだ。
このなんとも言えないモヤモヤはなかなか取れなかった。
だが、よく考えると、私はこのような国歌を本当に歌うという経験をしたことがないのだ。
あったとしても起立してBGMを聞いているだけ。
学生時代もちゃんと習った記憶もないし、ハッキリとみんなで歌った事もない。
これが六甲おろしでもみんなで歌えば今回感じた違和感を持つこともなかっただろう。(うるせーなぐらいは思ったかも)
それぐらい国歌と無縁の人生を歩んできてしまったのだと思う。
国歌斉唱に対してこのような違和感や宗教っぽいと思ってしまった自分の感性に、なんとも言えない、本当に情けない気持ちになってしまった。
右だ左だ、歌詞がどーだのとかの問題ではない。ただ、今まで何年も暮らして育った地である日本の国歌にも関わらず、今まで歌ったことがないのだ。
あまり馴染みのない歌と感じていたのだ。
ましてや歌っている人々を見て、上記のようなとんでもなく失礼な考えが頭をよぎってしまったのだ。
本当に申し訳ない思い、情けない気持ち、なんとも言えない感情であった。
これに気付いただけでも大いに今回参加をした価値はあったと思う。
少なくとも次回、どこかで国歌斉唱の機会があれば、大声は無理でも声を少し大きくして歌おうと思った。
え?歌詞ですか?覚えますよ。ちゃんと。
さぁ、話がそれたがいよいよ竹田さんの登場である。
入場して礼、壇上の国旗に礼、壇上からこちらに向かって礼。
おお、生竹田、、、
やっぱなんかオーラがあるね。
テレビで見たことある人が目の前にいるというだけでテンション上がる私、なんと幼稚なことでしょう。
竹田さんが喋りだした。
ニコ生より早口に聞こえた。その為か、ニコ生より緊張しているように思えた。
だが、これが誤りだとすぐに気付く。
まず、時間について竹田さん自ら説明を行う。
今回、18時30分開始で終了が21時だ。
竹田さん登場までに約10分消化してるから約2時間20分の講演だ。
途中で休憩挟んで2時間みっちりかな?と思っていたのだが、、、
「時間がないのでぶっ通しで駆け足でいきます。途中でお手洗い行きたくなった人、気にせず自由に行ってください」みたいな事を説明しだした。
は?
マジデスカ、、、
普通のセミナーとか講演とかは大体一時間ぐらいが相場と思っていたのでびっくりだった。
しかも早口。
どんだけ喋るつもりなんだ、、、
と、期待と不安を抱きつつ竹田ワールドに引き込まれていく。
気が付けば30分ぐらい過ぎただろうか、講演が開始されてからもチラホラと入ってきていたお客さんもこのあたりから無くなってきた。
竹田さんは相変わらず独特の世界に引き込んでくる。
昼食時に購入したお茶で喉を潤しながらひたすら聞き入ってしまった。
途中、古事記の話になる。(あの日本で最も古いとされるあれです)
竹田さんが現代語約した古事記を片手に話を進める。
「持っている方は※※ページを開いてくださーい。ない方も説明しながら話すので大丈夫です」
そうか、回りにいる人で竹田さんの本を持っている人がいたがこの為か。
てっきりサインでももらえるのかと思ってたw
熱心な方は竹田さんの言われたページをしっかり見て聞き入っている。
まぁ初参加の私が持っている訳もなく、話自体も本がなくても全く問題ない。
私の回りでは持っている人は2割もいたかなぁ?という程度だった。後ろの方の席だからかな?
多分、私はこの本持ってても、会場に持っていかない。重いからw
それぐらい分かりやすく話してくれる。
古事記の話というと非常につまらなそうな印象がありそうだが、全然大丈夫。
知識ゼロでも充分面白い。かなり分かりやすく、当然面白く話してくれるので退屈ではない。
20時30分ぐらいだろうか、竹田さんが時計を見て「わーもうこんな時間!」と言っていた。
まだまだ喋るつもりかいwww
そして、この瞬間確信した。絶対延長するw
結局21時25分ぐらいまでお話ししてくれました。
最後の10分は本や活動の宣伝だけど、ほんとこの人話が上手。明石家さんまさんに命名されたと言うジャパネット竹田と化して綺麗に纏めて行きました。
本当に時間があっという間に過ぎていった。楽しかったはずなんだけど、終わった後すぐは国歌の件でちょっと落ち込んでたんだよなぁ、、、
そして気が付けば購入していた古事記。
(いつの間に!!!)
で、感想まとめますが。
行こうか迷ってる人は取り敢えず行ってみればいいんじゃないかと。
この記事は、私のように行ってみたいけど何となく雰囲気がわからないから行きづらいって人もいるんじゃないかと思って書いてみました。
結論は気軽にいける。
若い人もいる。カップルもいる。(デートがここ!?)。お爺ちゃんお婆ちゃんもいる。
本がいる?古事記がいる?勉強いる?
全部なくても大丈夫。
国歌の歌詞すらちゃんと覚えていない私ですら楽しめたわけで。
内容も私でも充分理解できる。
あとはかなり笑える。本当にそう言った意味でもおもしろい。
竹田さん本人やファンの方が見たら怒られそうな内容だが、こんな私でも参加してよかったと思えることを参考にしてもらいたくて書きました。
これを読んで私のような人間が参加したことに研究会のレベルが落ちるとか言われるかも知れないが、私自身はどのような思想の方であれ、一度はこのような話を聞いてみるべきだと思うし、なんでも知りたくなるきっかけって大事だと思う。
少なくとも国歌をちゃんと覚えようと思ったし、古事記も一度読んでみようと購入したのです。
こんな私がこんな考え持っただけでも結構凄いと思います。
また、いくら楽しいと言ってもやっぱり約三時間座りっぱなしはキツいし、ニコ生ダラダラ見るのとはちょっと違う。
腰も痛くなってくるし、時間的に腹も減ってくる。
そういう意味では肉体的には少し疲れました。
体調は整えたほうがいいです。と言うことを付け加えておきます。
内容はニコ生より濃くて面白かった。
ニコ生よりコメントがない分中だるみしないと言うか、濃縮した感じだ。
まぁ研究会と言うぐらいなのでそれも当然か。
ニコ生も見たこともない人は、、、是非行くべしwww
参加して見ようか迷われてる方、是非一度、本当にいかれてみては?いってみる価値は十分あると思うよ。
取り敢えず次回も時間が合えば行ってみようと思う。

Twitterフォロー

twitterはじめました。よければフォロー待ってます

スポンサーリンク
広告大
広告大
スポンサーリンク
広告大