LED電球で節約その5

LED電球シリーズがもうひとつあったのを忘れていたのでご紹介。
以前からだらだらとLED電球について語っていたが、あとひとつ、非常に効果的な取り替えをオススメ出来る所があった。
使わない人は全く使わない場所だが、
それは、寝るときに使う、小さいオレンジ色の光を放つナツメ球でっす!!!常夜灯とも言うみたい。
照明器具の紐を引っ張ればまず電球が点く→もう一回引っ張れば減光する→もう一度引っ張れば小さいオレンジ色。(←これ)
ちなみにナツメ球って地方でいろいろ呼び方があるみたいで、正式名称がわからなかった。私の親はオレンジ球とか言ってた。妻はダイダイ球とか言ってた。
これも結構電気代使ってた。
電球だとだいたい5wほど。
LEDだと0.5wほど。10分の1ですな。
まぁ、微々たるものかな?と思いながらも一応計算してみる。
普通の電球、5wを1日8時間使用した場合、
1日約0.88円だ。(1kWhを22円で計算)
これが10分の1になったところで0.08円。
あんまり変わらないかな?節電効果あんまりないっぽいなーと思ったのだが、この電球の性質上、寝ている間は点きっぱなしな訳で。
と、言うわけで毎日8時間使用すると、一月で(30日)で26.4円。一年365日で計算すると321.2円。
これが単純に10分の1になる訳だから、年間290円ほど節約できる。
たったの290円、されど290円と思われそうで微妙な金額であるが、実はこのナツメ球って普通のLED電球と比べてかなり安い 。
いつもの通り安心のパナソニック製を調べると LDT1LHE12 と言う製品が見つかった。
この記事を書いている現在では約300~400円程で購入できるようだ。
普通の電球のナツメ球だともっと安いがやはり数百円するわけで。
普通のナツメ球を仮に100円で入手できたとして、上記計算した一年分の電気代を足すと、、、
どう考えてもLEDにしたほうが良い。
と、言うわけで早速購入。

20151106122059364-thumbnail2
左が普通のナツメ球、右がLED。
なんか高級感あるね。
中国産が眩しいぜ。
明るさ加減は最初は多少違和感を感じたが、現在は全く問題なし。通常の電球より明るく感じるかな?眩しいともとれるけど。
まぁ慣れです。
たった4.5wの節約なんて微々たものだろうと思っていたが、ナツメ球の使用用途、使用時間、LEDナツメ球の価格を計算すると以外に短期で回収できる。
これは盲点であった。
特に、我が家では今の家に引っ越してもう2回もナツメ球を取り替えているのでもっとはやく購入すれば良かったかな?
ただ、LEDナツメ球の横で3個120円とかで売られているとどうしてもそっちにいっちゃうからね。良く検討するべきでした。
ナツメ球を寝室で使用している方はLEDをよ~く検討してください。
以上。

Twitterフォロー

twitterはじめました。よければフォロー待ってます

スポンサーリンク
広告大
広告大
スポンサーリンク
広告大