TVSideViewを使ってみた。

20151114194100088-thumbnail2

我が家にはSONY製のブルーレイレコーダーBDZ-EW510なるものがあります。
このレコーダー自体はもう今となっては型遅れの物になるが、結構重宝している。
ちなみに、テレビなんて殆ど見ないよって方も一度試してほしい。これを機会にいい番組が見つかるかも知れない。
それはTVSideViewなるものがあるからだ。
このTVSideViewについてちょいと語ってみようかと。
ちなみに設定方法とかは公式ページにお任せ。だって人によって環境違うから。
以下を参考に設定は頑張って下さいw

http://info.tvsideview.sony.net/ja_jp/faq/

最初の設定は面倒だが、使ってみる価値は十分ある。今は昔に比べて安定してるから。
ちなみに我が家にあるBDZ-EW510は発売して間もない頃に購入した。多分、この頃からTVSideViewと言う機能を全面に押し出した訳だが、始めは酷かった、、、
全然安定しないし、何故か設定出来なかったり。サポートに電話して技術的にいろいろと話をしたが結局解決せず。(結構サポートも頑張って対応してくれたんだけど解決せず。)
まぁ、今はかなり昔に比べて安定しているので(本当にこれでもかなり良くなった)今では普通に使えてます。
で、TVSideViewって何?って方もいるだろうが、TVSideViewはスマホのアプリケーションの事です。
このSONYのレコーダーとスマホのTVSideViewがあればスマホで何処でもテレビ、もしくは録画をした番組が見れるって優れもの。

必要なもの
・SONYのレコーダー
・スマートフォン
・TVSideViewのアプリ(iphone、Androidどっちでも)
・500円(アプリでTVSideViewプラグイン購入)
(BDZ-EW510以降に発売された製品じゃないとスマホからは録画予約しかできないっぽい。よく調べて購入してください。)
ちなみにプラグイン購入の500円課金は一度きり。これがないと、どこでも視聴が出来ない。

取り敢えず購入を前提で進めて行きます。
では、出来ることをまとめると、、、

①今現在放送しているテレビ番組を外出先でスマホで見れる。(外からどこでも視聴)
②録画した番組を外出先でスマホで見れる。 (外からどこでも視聴)
③録画した番組をスマホに転送できる。(ワイヤレスおでかけ転送)
④家の中で今現在放送しているテレビ番組、録画した番組をスマホで見れる。(家中どこでも視聴)
⑤外出先から録画予約が可能。(課金なしでも使えます。)
⑥スマホをSONY製のリモコン変わりに使用できる。(使ってないからわからん。課金なしでも使えるみたい。)

⑥は使ってないのでどんなものか解りません。てゆーか、必要あんのかこれ?
とにかく、①~⑤までの機能を使い勝手を書いていきます。

まず①と②の「どこでも視聴」機能。

これはスマホのパケット通信を使用して家のレコーダーから番組を配信して貰うという機能だ。
その為、パケット通信費がかかる。
画質は少し低い画質で見るのが無難。と、言うかパケ代必要なので乱用は止めておいた方がいい。
また、動作も重く自宅のレコーダーに接続するわけで、放送中の番組も数十秒遅い。
録画番組を再生する際も早送り、巻き戻し等の動作は非常に重い。チャプター使用不可。電波状況が悪く、通信が途絶えると復帰まで時間がかかる。
ワンセグ等が付いている場合はパケット通信もかからないのでそっちを使う方がいいかも。
と、何か踏んだり蹴ったりだが、TVSideViewにもメリットはあってワンセグと比べると、、、
・画質は最低画質でもワンセグより綺麗
・録画番組が見れる。
・BS、CSの一部が見れる。
・レコーダー設置地域の番組がどこでも見れる。(東京で設置すると田舎のチャンネル少ない地域でも東京の番組が見れる。)
また、通信状態が安定していればかなり見やすい。(ワンセグより安定してることも)
けど、パケ代が恐ろしいのであんまり使ってない。
私が今までこの機能があって良かったと思ったシーンは、、、
・BS放送のみのサッカーの試合が見れた。(ちなみに私は野球派です。同僚の為に再生した)
・ワンセグやフルセグの電波が入らなかったが携帯は繋がっている地域で競馬が見れた。(馬券はお察し)
まぁ、こんな感じで緊急用に使ってます。
頻繁に使うものでは無いけど緊急用にはビックリするポテンシャルを発揮します。
ただ、この機能を使用している間は家で録画番組の再生が出来なかったようです。かなりいろいろ制限されてたっぽい。
後で妻に怒られたw
今出回ってる最新機種なら可能なのかな?少なくともBDZ-EW510では出来ません。
また、レコーダーと同じネットワーク環境に(Wi-Fi環境に)90日入らなかった場合、使用できなくなるようだ。
これは多分、例えば私が関東にレコーダーを設置して、関西地区に住みながら関東地区の番組を自由に見れるのが問題なのと思われる。

次は
③録画した番組をスマホに転送できる。(ワイヤレスおでかけ転送)

これが重宝してます。
番組を録画して、おでかけ転送用のデータを作成(設定により録画と同時に作成も可能。当然ハードディスク容量はその分圧迫する)する。
このデータをスマホにWi-Fiを利用して自宅内ネットワークで転送してどこでも持ち運べるようになる。
ちなみに画質はかなり落ちる。一時間番組でも数百メガ程に圧縮するからだ。
まぁ、拘る人にとってはかなり画質が落ちるのだが、私はスポーツ等の激しい動きが無い場合はそれほど気にならない。
また、基本的にスマホで見るので必然的に画面が小さいため、多少悪くてもワンセグよりも遥かに綺麗である。
当然視聴の際はスマホ内のデータを再生するだけと言った形となるため、パケット通信費はかからない。チャプターもしっかり使えて、早送り巻き戻し共に早い。
その為、車で出掛ける際は、子供用の番組を大量におでかけ転送を行い、後部座席でスマホスタンドを立てて子供に見てもらっている。
また、妻も通勤中にドラマを見ているようだ。
画質は落ちるが少なくともワンセグよりはかなり綺麗である。
ただ、ipad等の大きめのタブレットであれば画面の粗はかなり目立ちそうだ。
けど、スマホはいつでも持ってるわけで、通勤中に手軽に見れるのは大きい。
そんなこともあり、このおでかけ転送が一番重宝してる。
その他、注意点として現在のテレビ番組はコピー回数が制限されているが、おでかけ転送でも当然、回数制限を消費する。
また、現在は
レコーダー→スマホ(これは可)
スマホ→レコーダー(これは出来ない)
その為、転送回数が1回しかない番組はよく考えないと。
余談
これをVPN経由で出来ないか試みたがダメでした。出先でちゃんとWi-Fiにしてやってみたが駄目。
どこで制限かけてるんだろ?まぁ、もう調べるのめんどくせぇ。
続いて

④ 家の中で今現在放送しているテレビ番組、録画した番組をスマホで見れる。(家中どこでも視聴)

これは①と②のWi-Fi版と思って頂いて問題ないです。まぁ、家庭内なのでパケ代も必要ないし、①と②に比べて画質を上げることが出来る。
イメージ的にはDLNAを使用している感覚、やっぱり早送り巻き戻し等の動作は重い。
私はこの機能をお風呂で使うのを楽しみにしていたのだが、Wi-Fiが届きにくいのか、たまにプチプチ切れるのが煩わしくなってきたのでやっぱりおでかけ転送を使っている。
また、この機能を使用している間、レコーダーの一部機能が制限されるようで、これも煩わしくなる要因である。(私がお風呂で再生中に妻のおでかけ転送が出来なかったり等)
大してマシンスペックは無いんだろうね。
では、⑥は未使用なので次が実質最後。

⑤外出先から録画予約が可能。(課金なしでも使えます。)

これは便利。
外出先でテレビを見ていて面白そうな番宣をみたら、その場で録画予約が完了する。
番宣を外で見て、帰ってから予約を忘れるって言うのは多い。
また、録画予約を行っているかどうかも確認出来る。
思い付いたらメモを書くように簡単に予約できるのはやっぱり便利。
と、言うわけで結局はおでかけ転送を主に使用しています。特に子供と車で移動の時には大活躍。
その他の機能も使わない訳ではなく、便利な機能ばかりなのでかなり役に立ってます。
その他、XPERIAだったらHD転送出来るとかあるけど、スマホの用量すぐ無くなるし、転送に時間かかるので、1回やってみただけでした。
おでかけ転送で十分って事ですね。
テレビあまり見ない方もとりあえずおでかけ転送しておけば、いつか暇潰しに役に立つよ。
見なかったら消せばいいだけだし。
ちなみに、私は銀魂を見るようになったw
一話30分もないし、スマホの容量減ってきたら気にせず削除。暇潰しにはもってこい。
他のメーカーも似たような物があるのかわからんですけど、これは本当に購入して良かったな。

以上。

Twitterフォロー

twitterはじめました。よければフォロー待ってます

スポンサーリンク
広告大
広告大
スポンサーリンク
広告大