ネットブックにwin10を入れてエクスペリエンスインデックス

続・WinXP搭載のネットブックにWin10入れてみた。
↑の続き
さてさて、本日ひっさしぶりにNEC-BL300(Win10入り)を起動してみたのだが、
やっぱりめっちゃ遅!!!!!!!!!

このマシン、
メモリは2Gに増設(バッファロー製:D2/N800-2G/E)
HDD→SSDに換装(INTEL製:320 Series SSDSA2CT040G3K5)
触れる所は触ってます。

一ヶ月ぶりぐらいに電源を入れたのだがWinアップデートなんかも始まって
タスクマネージャー開いても『俺はいつだって100%全開だぜ!!!』状態。
はっきり言ってやっぱり使い物にならん。
またしても1時間放置。
アップデートも終わったようで再起動後なんとか使える状況になる。
(タッチパッドのスクロールの件もアップデートで解消されないか期待
していたがやっぱり駄目でした。チェッ)
これを見ている方にもどれぐらい遅いのかを解ってもらえないだろうかと思い
なにかゲームのベンチマークを考えたが、ゲームをしない人にはあまり実感が
わかない(私もしないからよくわからない)だろうと思っていた。
Win8まであったエクスペリエンスインデックスがあれば一番わかりやすいのに。
と、思っていればありました。エクスペリエンスインデックス!!!
なんかWin8.1でも10でも機能としては残っているみたいね。
ちなみに1.0~9.9で採点する模様。
以下の記事を参考に行ってみる。
http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1403/14/news052.html
Win8.1用の記事だが一応Win10でも出来た。
上記サイトを参考にWinSAT Viewerにて評価を行う。
結果・・・

E382A8E382AFE382B9E3839AE383AAE382A8E383B3E382B9E382A4E383B3E38387E38383E382AFE382B9-thumbnail2

大体予想通り・・・
CPU:2.7
メモリ:4.6
グラフィックス:2.2
ゲーム用グラフィックス:9.9
プライマリハードディスク:6.8
ん?

ゲーム用グラフィックス:9.9
ゲーム用グラフィックス:9.9
ゲーム用グラフィックス:9.9

これ見たときUCのテーマが流れたわwww
超ハイスペックwww
まぁ、これはバグっぽいね。
ちなみに上記方法で出来たXmlファイルをWinSAT Viewerを使用せずに
直接覗いてみる。
結果
===============
<SystemScore>2.2</SystemScore>
<MemoryScore>4.6</MemoryScore>
<CpuScore>2.7</CpuScore>
<CPUSubAggScore>3.2</CPUSubAggScore>
<VideoEncodeScore>3.7</VideoEncodeScore>
<GraphicsScore>2.2</GraphicsScore>
<Dx9SubScore>9.9</Dx9SubScore>
<Dx10SubScore>9.9</Dx10SubScore>
<GamingScore>9.9</GamingScore>
<StdDefPlaybackScore>TRUE</StdDefPlaybackScore>
<HighDefPlaybackScore>FALSE</HighDefPlaybackScore>
<DiskScore>6.8</DiskScore>
===============
多分、上記の7~9行目がゲーム用のスコアなんだろうが全て9.9って、んな訳ねーだろ。
ちなみに他にWin10でエクスペリエンスインデックスを行っているサイトをいくつか
探したが、他の方でもゲーム用グラフィックスが9.9と表示されている方がいたので
こんなものと思ってます。(低すぎると正しく計測出来ないのかな?)
てゆーかやっぱり全体的にきっついね。
SSDでも6.8なのがちょっと意外。
個人的にSSDで7.0以下は初めて見たw
これを見て改めて思う。
やっぱり使い物になりません!!!
普段使いは厳しすぎる。
やっぱりリモート専用機にするしかないかぁ。

以上

Twitterフォロー

twitterはじめました。よければフォロー待ってます

スポンサーリンク
広告大
広告大
スポンサーリンク
広告大